松本美枝子の「ACACの写真部」(7/4/2021)
MATSUMOTO Mieko's photo club in ACAC(7/4/2021)

  • 日本語
  • ENGLISH

アーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加中のアーティスト松本美枝子による「ACACの写真部」第2回目

長年撮影をしてきた方も、これから写真を用いて制作をしてみたい方も参加いただいています。
来年の作品発表を目指して、それぞれの作品を見せ合う、参考作品を見ながら議論するなど定期ミーティングを行っています。

※1年間を通した長期ワークショップです。参加申込は定員につき締切しております。

  • 松本美枝子
    MATSUMOTO Mieko 

    写真家、アーティスト。人々の日常、人間や自然の「移動」をテーマに、写真とテキスト、映像による作品を発表している。近年では「メゾン・ケンポクの何かはある」(2018ー)等、活動拠点の茨城でリサーチ過程を共有しながらプロジェクトを展開する。また「メゾン・ケンポク」を企画運営し、地域に場を開くことにも力を注いでいる。主な展覧会に個展「ここがどこだか、知っている。」(ガーディアン・ガーデン、東京、2017年)「茨城県北芸術祭」(茨城、2016年)など。著書に写真詩集『生きる』(共著:谷川俊太郎、ナナロク社、2008年)など。

    more

MATSUMOTO Mieko has been conducting a photo club in ACAC with photo lovers and creators in Aomori. They are planning to make photography works in ACAC photo studio, and holding group exhibitions.
Through the workshop, they show their works, exchanged opinions, and find their possibilities to proceed with each works! They keep gathering to learn how to progress their creations. Please look forward to see their steps!

* This is a long-term workshop throughout the year. The application for participation is closed due to the capacity.

  • MATSUMOTO Mieko 

    Photographer and artist. Matsumoto presents photographic, text, and video works based around the theme of movement in nature, humanity, and people’s daily lives. In recent years, she has launched projects such as ,There Is Something About Maison Kenpoku (2018-), sharing her research process in Ibaraki Prefecture, where she is based. She organizes and runs Maison Kenpoku, a project focused on opening spaces in the community. Her recently exhibitions include Mieko Matsumoto Photography Exhibition: I know where here is. (Guardian Garden, Tokyo, Japan, 2017), KENPOKU ART (Ibaraki, Japan, 2016).

    more

関連プログラム