Application Guideline 公募情報

応募要綱および事業概要

1 事業概要

国際芸術センター青森(ACAC)は2016年より、文化庁「アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業」の助成を受け、海外のアーティスト・イン・レジデンス(AIR、以下AIRと記載)実施団体とエクスチェンジ・プログラムを実施してきました。同プログラムでは、個人および団体間のネットワーク構築を目的として、海外AIR団体からアーティストやキュレーターを受け入れ、ACACから毎年一名の日本人アーティストを派遣しています。
2020年度はロシアのZARYA Center for Contemporary Art(以下ZARYA CCAと記載)と連携してエクスチェンジ・プログラムを実施します。この度は、ZARYA CCAがアジアのAIR実施団体と開催する交換リサーチプログラム「Contact Zones: Far East 2020」に参加する表現者を募集します。なお、参加者はZARYA CCAが設立したGolubitskoe Art Foundationに滞在します。

ZARYA Center for Contemporary Art

2013年ロシア・ウラジオストク、ZARYA縫製工場の跡地に開館。現代美術や文化をロシア内外へ発信することをミッションに、アーティストと地域の芸術コミュニティの支援として、レジデンス事業を行う。http://zaryavladivostok.ru/en/homepage

Golubitskoe Art Foundation

 ZARYA CCAにより、ロシアのアーティストの支援と現代美術における国際的ネットワーク構築を主な目的として設立。アゾブ海・黒海に面したタマン半島に位置し、領域横断的な研究者やアーティストの活動を支援し、アゾブ海・黒海周辺の研究領域を広げるプログラム「Contact Zones」を展開する。

Contact Zones: Far East

ロシアと極東の国々との文化的交流・協働の発展を図ることを目的に、ZARYA CCA およびGolubitskoe Art Foundationがアジア地域のパートナー施設と行う、国際的リサーチ交換プログラム。これまで、2018 年にはHOW Art Museum (上海)、Para Site (香港)、MNG 360° (ウランバートル) と、2019-20年には HOW Art Museum (上海) やPoints Center for Contemporary Art (锦溪)と連携してプログラムを開催。
http://zaryavladivostok.ru/en/a-i-r_news/post/1775

[過去のACAC海外AIRエクスチェンジ・プログラム]

連携先:Ateliê Fidalga(ブラジル)
派遣:鎌田友介(2017)、船井美佐(2018)、鈴木基真(2019)
受入:Renata CRUZ(2016)、Albano AFONSO(2017)、Josué MATTOS(2018)、Carlos NUNES(2019

連携先:Khoj International Artists’ Association(インド)
受入:Rakhi PESWANI(2017)、Sahil NAIK(2018)、Anushka RAJENDRAN(2019)

2 公募人数

1名

3 事業日程

派遣期間: 2020年9月から2021年12月のうち最大1ヶ月

※派遣期間は、新型コロナ感染症の状況を鑑みた上で、参加者、ACAC、ZARYA CCAとの協議の上、決定します。2020年度中の派遣が難しい場合は2021年度へ振替となります。

滞在場所:Art Foundation Golubitskoe(address:353521, Krasnodar territory, Temruk region, Golubitskaya village, 299 Krasnaya street, Russian Federation)のレジデンス施設

募集期間:2020年6月12日―2020年7月10日

選考日程:7月10日 募集締め切り

8月下旬 招聘者決定

4 応募方法

メールによる応募用紙・ポートフォリオのデータ提出。
件名を「海外AIRエクスチェンジ・プログラム応募書類」としたうえで、応募用紙・ポートフォリオともに英語で記入したものをpdfデータで提出すること。
映像・サウンドデータの提出を希望する場合は、応募用紙・ポートフォリオ内にURLを表記するなどオンラインで視聴できるようにすること。

宛先:acac.aomori2001@gmail.com

応募締切:2020年7月10日

本募集要項「6 Programme Participants」「7 Responsibilities between ZARYA CCA and the participant」「8 帰国後の成果発表」の内容をよく確認し、各条件に対して了解の上で応募書類を提出して下さい。

5 選考および通知

提出された資料をもとに、国際芸術センター青森学芸員およびZARYA CCAによる審査によって選考、決定されます。なお審査結果は、2020年8月下旬にメールで応募者に通知します。

6 Application Requirements

The participants of the Exchange Residency, selected by the parties expected to meet the following criteria:

– interdisciplinary researcher, artist or curator, with confirmed experience.

– submission of the research project proposal with an exhibition or lecture, performance, workshop, which includes vision of process of realisation of the project.

– the project should be connected to the context of the Krasnodarsky Krai region.

– the candidate should be independent, and capable of working and living on his or her own.

– The artist is responsible for all set up and break down of exhibitions and events.

– the condition of being healthy.
– working knowledge of the English or Russian languages.

– to prepare an exhibition or a public presentation in the format of a lecture, seminar, workshop, open studio, off-site event or educational course at the hosting institution.

– to submit an essay or written report and related documents collected during the research period to both institutions at the conclusion of the residency.

– to follow residency conditions.

7 Responsibilities between ZARYA CCA and the participant

ZARYA CCA agrees to provide for resident from Japan:

– one round trip economy class air ticket from the international airport which is nearest to the Artist’s home to the closest to Golubitskoe Anapa Airport, visa fee, travel insurance (all travel costs up to max. 50.000 RUB).

– organisation of pick up from the airport on arrival and bringing to the airport on departure;

– living expenses 42.000 RUB (which covers per diem and research materials).

– production costs: for an exhibition is up to 28.000 RUB, for public event is to be discussed with the curators of Golubitskoe.

– accommodation in the studio apartment at Golubitskoe/20 ㎡ for the period of one month.

– studio space.

– promotional, curatorial and administrative support: organisation of a study trip, help with the necessary documents, materials for research and exhibition, introduction to the local art scene and its key members.

– organisation of an exhibition or a public presentation, workshop, lecture, performance at Art Foundation Golubitskoe.

– a letter of invitation and other documents required for Russian visa application.

8 帰国後の成果発表

帰国後から次年度末までの期間に、ACACにおいて、トーク・ワークショップ・展覧会等の成果発表を行うこと。交通費・謝礼はお支払いします。発表時期は参加者とACACの協議の上、決定します。

[問い合わせ先]
青森公立大学国際芸術センター青森
海外AIRエクスチェンジ・プログラム係
〒030-0134 青森市合子沢字山崎152-6 
TEL 017-764-5200 Fax 017-764-5201
E-mail: acac.aomori2001@gmail.com
yukikondo@acac-aomori.jp
URL: http://www.acac-aomori.jp 

  • 海外AIRエクスチェンジ・プログラム2020応募要項
  • 海外AIRエクスチェンジ・プログラム2020応募用紙