Photo by Nin Solis

ヴァネッサ・エンリケス
Vanessa ENRÍQUEZ

1973年メキシコ出身、ベルリン在住。イェール大学大学院グラフィックデザイン専攻修了。精神的な実践と、現代科学をもとに瞑想的かつ探求的なドローイングを通し自然のなかの隠されたパターンとその相互関係を明らかにすることを試みる。近年はVHSテープや音をドローイングのツールとして用い、実験を行っている。主な活動として2021年 個展「Resounding Songs」(DrawingLab、フランス)、2019年 個展「Foco Tonal」(Museo de Arte Contemporáneo Querétaro、メキシコ)などがある。

Photo: Nin Solis

Transdisciplinary artist. Born in 1973 in Mexico City. Lives in Berlin.
ENRÍQUEZ received a MFA in Graphic Design from Yale University. Based on spiritual practices and the modern sciences, she attempts to reveal the hidden patterns and interconnectedness in nature through a contemplative and inquisitive approach to drawing. Recently she has focused on the experimentation with VHS tape and sound as a drawing tools. Major solo exhibitions include “Resounding Songs” (DrawingLab, Paris) in 2021 and “Foco Tonal” (MACQ, Mexico) in 2019.

Photo: Nin Solis