Photo by 山野井咲里/YAMANOI Sari

松本美枝子
MATSUMOTO Mieko 

写真家、アーティスト。人々の日常、人間や自然の「移動」をテーマに、写真とテキスト、映像による作品を発表している。近年では「メゾン・ケンポクの何かはある」(2018ー)等、活動拠点の茨城でリサーチ過程を共有しながらプロジェクトを展開する。また「メゾン・ケンポク」を企画運営し、地域に場を開くことにも力を注いでいる。主な展覧会に個展「ここがどこだか、知っている。」(ガーディアン・ガーデン、東京、2017年)「茨城県北芸術祭」(茨城、2016年)など。著書に写真詩集『生きる』(共著:谷川俊太郎、ナナロク社、2008年)など。

Photographer and artist. Matsumoto presents photographic, text, and video works based around the theme of movement in nature, humanity, and people’s daily lives. In recent years, she has launched projects such as ,There Is Something About Maison Kenpoku (2018-), sharing her research process in Ibaraki Prefecture, where she is based. She organizes and runs Maison Kenpoku, a project focused on opening spaces in the community. Her recently exhibitions include Mieko Matsumoto Photography Exhibition: I know where here is. (Guardian Garden, Tokyo, Japan, 2017), KENPOKU ART (Ibaraki, Japan, 2016).