青田 麻未
AOTA Mami

1989年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。現在、群馬県立女子大学文学部美学美術史学科専任講師。専門は英米系の環境美学・日常美学。著書に『環境を批評する 英米系環境美学の展開』(春風社、2020年)。主な論文に「動物の美学価値―擬人化と人間中心主義の関係から」(『美学芸術学研究』37号、2019年)、「『地域アート』の芸術的価値―環境美学の視点から』258号、2021年)。