ロビン・ホワイト
Robin WHITE

Born in 1946 in Te Puke, New Zealand, White developed a career as a painter until, in 1982, she left New Zealand to live in the Republic of Kiribati where she began collaborating with local women weavers to produce works that combined contemporary and traditional art practice. Since returning to New Zealand in 1999 White continues to collaborate with Pacific women to make works that address contemporary concerns through the medium of indigenous knowledge and skills.

1946年ニュージーランドのテ・プケ生まれ。画家としてキャリアを積んだ後、1982年にニュージーランドを離れ、キリバス共和国に移住。地域の織物をする女性たちとコラボレーションを始め、現代と伝統的なアートを融合させた作品を制作した。1999年にニュージーランドに戻ってからも、先住民の知識と技術を媒介に、現代的な問題に取り組む作品を制作するため、太平洋地域の女性たちとのコラボレーションを続けている。