【延期】「見えない建築ツアー」をつくる
Creating "Invisible Architecture Tours"

国際芸術センター青森 展示棟
Exhibition Hall Building, Aomori Contemporary Art Centre
  • 日本語
  • ENGLISH

国際芸術センター青森(ACAC)は、2021年12月に開館20周年を迎えました。
2022年度よりACACの個性的な建築と、その環境と密接にリンクして繰り広げられてきたアーティストたちとの活動の記憶やその痕跡について、観光で訪れる方々や一般市民に向けて、月1~2回「見えない建築ツアー」を実施したいと考えています。
2021年12月~2022年4月までをツアーの準備期間として、月1回程度の集まりを通して、ACACの建築などをいかに伝えることが可能か検討し、
実際のツアーをつくるワークショップを実施します。

【スケジュール】
・準備日:2021年12月4日(土)15:30-16:30 @展示棟ラウンジ【終了】
 ACACを訪れるアーティストのサポーターとして20年に渡り活動を継続しているAIRS(エアーズ)メンバーを中心に、
「見えない建築ツアー」がどのように可能か話し合い、1月~4月までの方向性を決定します。

・第1回:2022年1月22日(土)13:30-15:00 @展示棟ラウンジ【3月に延期します】
 12月中旬より「見えない建築ツアー」のガイドとして2022年5月頃から活動を始めたい方々を募り、
1回目はワークショップを通して、各自がどのようにACACの建築を捉えているか、またここで行われてきたこと、体験したことがどのように建築や空間と結びついてきたか考えます。

・第2回:2022年2月上旬頃 【3月に延期します】
 「見えない建築ツアー」ガイドをどのように行っていくか考えるために、実際の建築を細かく見たり、参加者の記憶を共有したり、ワークショップ形式で考えます。

・第3回:2022年3月中旬頃
 「見えない建築ツアー」ガイドをどのように行っていくか考えるために、実際の建築を細かく見たり、参加者の記憶を共有したり、ワークショップ形式で考えます。

・第4回:2022年4月中旬頃
 それぞれが、どのような「見えない建築ツアー」を行うのか発表したあと、2人一組になって実際のツアーの練習を行います。その後、それぞれが気づいたことを共有し合う時間を持ちます。

2022年5月以降
 月1~2回、団体での観光客が訪れる時を中心に、ガイド登録していただいた方に実際「見えない建築ツアー」をしていただきます(有償)。半年に一度ほど集まる機会を定期的に設け、気づきやそれぞれのガイドを発展させていくために話し合う機会をもつ予定です。