しまうちみか「ゆらゆらと火、めらめらと土」
SHIMAUCHI Mika "Quivering flames, ardent earth."

《自立について》テラコッタ、石こう、単管パイプ等、サイズ可変、2020年、撮影:高橋健治、画像提供:Tokyo Arts and Space

"On being independent", Size variable, terra-cotta clay, plaster, pipes, 2020, Photo: Takahashi Kenji, Photo courtesy: Tokyo Arts and Space
  • 日本語
  • ENGLISH

しまうちみかはドローイングや彫刻作品を中心に制作・発表し、過剰に合理化された社会への疑問を投げかけています。
時に彼女の彫刻作品は、重力や土の性質のために起きる頼りない造形や、焼成のときに不覚にも起きる亀裂なども利用して制作されます。重力や焼成といった物理法則に制限される造形を持ちながらも、そこに在らんとする作品群は、「私たち」のために合理化された社会に生きる私たちが、そこに収まりきらないものを抱える矛盾を示すかのようです。
今回の滞在では、しまうちが関心を寄せてきた火にまつわる信仰や人の高揚感についてリサーチを行い、新作の彫刻作品を含め展覧会で発表します。近年取り組み「野焼き」と表現する、野外での焼成による新作制作のプロセスも他者と共有しながら、火にまつわる感覚や文化について思考していきます。

________

滞在制作:2021年6月上旬-9月中旬
________

「わたしは既製品にかこまれた、つるつるの世界に
手垢をのこしておきたい。アイフォンを粘土のついた手でさわってやる。」
しまうちみか

展覧会
日時|2021年7月31日(土)-9月12日(日)10:00-18:00 会期中無休
会場|国際芸術センター青森ギャラリーA
協力|AIRS(アーティスト・イン・レジデンス・サポーターズ)、青森公立大学芸術サークル ほか
後援|青森テレビ、RAB青森放送、青森朝日放送、青森ケーブルテレビ、エフエム青森、ABHラジオ、東奥日報社、陸奥新報社、デーリー東北新聞社

  • しまうちみか
    SHIMAUCHI Mika

    1987年、熊本県生まれ。2013年、崇城大学大学院芸術研究課修士課程彫刻専攻修了。菊池旧龍門小学校アーティスト集合スタジオを拠点に活動する。自身の心象風景として描かれるドローイングから発想されたモチーフを彫刻作品へと展開する。作品にみられる頼りない造形は、合理化やグローバル化により平均化されていく私たちに対してのアイロニーと、それでも合理的になりきれない私たちをユーモラスにあらわそうとしている。主な展覧会に、個展「自立について」福岡アジア美術館企画展示室C (福岡、2020年)、トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2020 成果発表展「デイジーチェーン」Tokyo Arts and Space 本郷 (東京、2020年)など。

    more

SHIMAUCHI Mika focuses on producing and presenting her drawings and sculptures while shedding light on the questions about our over-rationalized society.

At times, her sculptures take on the full spectrum of unintended imperfections that occur during the firing of the kiln, showing the effects of gravity, the quality of the natural soil and the unreliability of the shapes. Whilst the works exist within the limitations of the laws of physics, such as gravity and firing, they exist to highlight the contradictions of our own ability, or lack thereof, to fit in an overly streamlined society.

Shimauchi’s interests in fire will guide her research, concentrating on the properties which uplift people, their beliefs about fire, and build towards an exhibition of her findings as creations born throughout the duration of her stay. In collaboration with other enthusiasts, Shimauchi will participate in “bonfire firing,” or an open-air kiln, in order to create pieces with new processes based around the feeling and culture of fire.
_____

Residency|Beginning of June – mid of September, 2021
_____

“When I see a world full of smooth and slick ready-made items, it makes me want to keep my hands dirty. I reach for my iPhone with clay lingering on my hands.”
Shimauchi Mika

Exhibition|10:00-18:00, July 31 (Sat.) -September 12 (Sun.), 2021
Venue|Gallery A
In Cooperation with|AIRS (Artist in Residence Supporters), Art Club of Aomori Public University and more
Nominal Support|Aomori Television Broadcasting Co., Ltd., RAB Aomori Broadcasting Corporation, Asahi Broadcasting Aomori Co., Ltd., Aomori Cable Television, Aomori Fm Broadcasting, ABH (Aomori Bunka Housou), The To-o Nippo Press Co., MUTUSINPOU co., ltd., The Dairy-Tohoku Shimbun Inc.

  • SHIMAUCHI Mika

    Kumamoto native artist born in 1987. Graduate of Sojo University Graduate School of Art Masters with a master’s degree completed in 2013. Shimauchi is currently based in the Kikuchi Ryu-mon Artist’s Studio inside a former elementary school.

    She develops motifs from her own personal landscapes and exhibits them as sculptures and various works. The imperfections visible within the works are a motion to humorously represent the irony of the over efficiency of our lifestyles under the weight of globalization created by mankind, and yet how we are unable to fully adapt.

    more

関連プログラム