新津保建秀ワークショップ「記憶を束ねる」
SHINTSUBO Kenshu Workshop "Binding Memories"

イラスト:山本修路
Illustration: YAMAMOTO Shuji
  • 日本語
  • ENGLISH

人は経験したことやその記憶を、どのようにイメージとして捉えようとするのでしょうか。イメージは編集という取捨選択行為の繰り返しによって、いかに結実するのでしょうか。自らの作品集だけでなく、様々な人との協働によって多数の書籍を世に送り出してきた新津保と一緒に、里山に暮らしながら木工房を営む熊谷裕を訪ね、そこでの経験を写真に撮り、他の参加者との対話を行いながら小冊子をつくります。

日時:2022年7月17日(日)、18日(月・祝)10:00-15:00(2日間連続ワークショップ)
会場:展示棟ギャラリーA、青森市沢山ほか
持ち物:昼食、カメラ(カメラ機能のある電子機器等も可)
対象:写真撮影や、編集作業の経験がある方
定員:8人 ※要予約(申込締切:7月4日(月))、参加無料

お申込みはこちらからどうぞ→ https://forms.gle/zhkUL4nje1h91Ayd7

  • 新津保 建秀
    SHINTSUBO Kenshu

    写真家。東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修了。博士(美術)。写真、ドローイング、映像、フィールドレコーディングなどによる制作を行う。主な作品集に、池上高志との共作『Rugged TimeScape』(FOIL、2010年)、『Spring Ephemeral』(FOIL、2011年)、『\風景』(角川書店、2012年)など。近作に、詩人の立原道造(1914-39)が生前に構想した別荘を主題とした「往還の風景_別所沼公園」(さいたま国際芸術祭2020、2020年)など。

    more
  • 熊谷 裕
    KUMAGAI Hiroshi

    木工房じゅげむ主宰。会社員を定年退職後、青森市沢山で里山の木や植物を育てながら木製品を製作する工房を営み、スツールやキッチングッズなど普段使いの木製品を自作し、販売も手がけている。東北各地で開催されているクラフトフェア等へ精力的に参加している。

    more

How do people try to capture their experiences and memories as images? How do images come to fruition through the repetitive act of selection and editing? Together with SHINTSUBO Kenshu, who has produced not only his own books but also many others through collaboration with various people, we will visit KUMAGAI Hiroshi, who lives in a satoyama (mountains where humans coexist with nature) and runs a wood workshop, take photos of the experiences there, and create a booklet while having a dialogue with other participants.

Date: July 17 (Sun) and 18 (Mon), 2022, 10:00-15:00 (two consecutive days of workshops)
Venue: Gallery A of the Exhibition Building, Sawayama, Aomori etc.
Things to bring: Lunch, camera (electronic devices with camera functions are also acceptable)
Eligibility: Those who have experience in photography and editing.
Capacity: 8 people *Reservations required (application deadline: July 4 (Mon)), free of charge

  • SHINTSUBO Kenshu
    more
  • KUMAGAI Hiroshi
    more

関連プログラム