松本美枝子 個展「具(つぶさ)にみる」
MATSUMOTO Mieko Solo Exhibition "Look Exhaustively"

《新しい地形》マルチスライドプロジェクション、サイズ可変、2022
《New Terrain》 Slide projection with two projectors, 2022
  • 日本語
  • ENGLISH

松本美枝子は、2021年5月から約1年間の延べ3ヶ月のアーティスト・イン・レジデンスプログラムで青森県内でのリサーチを重ね、青森の土地や歴史を再考してきました。
出会った人々のものの見方にも触れながら、青森の風景のなかに、厳しい自然の力、あるいは戦争や産業の痕跡などに代表される人為、浮遊する霊魂といった日常に隠れた、しかし確かに生活の基盤をつくり、現代の私たちと繋がる事象を見つけてきました。
本展では、それらを反映した新作インスタレーション作品を発表します。また関連イベントを通して、さらに具に青森をみることで本プログラムは締めくくられます。青森の風景をみることを通して「土地をまなざすこと」に向かい合う機会となれば幸いです。

会期|2022年4月16日(土)~6月19日(日)10:00-18:00 会期中無休、入場無料
会場|青森公立大学 国際芸術センター青森 ギャラリーA
主催|青森公立大学 国際芸術センター青森
助成|公益財団法人朝日新聞文化財団
協力|AIRS(アーティスト・イン・レジデンス・サポーターズ)、青森公立大学芸術サークルほか
後援|東奥日報社、陸奥新報社、デーリー東北新聞社、青森テレビ、RAB青森放送、青森朝日放送、青森ケーブルテレビ、エフエム青森、ABHラジオ、コミュニティラジオ局BeFM

  • 松本美枝子
    MATSUMOTO Mieko 

    写真家、アーティスト。人々の日常、人間や自然の「移動」をテーマに、写真とテキスト、映像による作品を発表している。近年では「メゾン・ケンポクの何かはある」(2018ー)等、活動拠点の茨城でリサーチ過程を共有しながらプロジェクトを展開し、地域に場を開くことにも力を注いでいる。主な展覧会に個展「ここがどこだか、知っている。」(ガーディアン・ガーデン、東京、2017年)「茨城県北芸術祭」(茨城、2016年)、ヨコハマ・パラトリエンナーレ(横浜、2020年)など。著書に写真詩集『生きる』(共著:谷川俊太郎、ナナロク社、2008年)など。

    more

Matsumoto Mieko has been conducting research in Aomori prefecture for a total of about a year starting in May 2021, including a three-months long residency, with the aim to reconsider the land and history of Aomori.
While coming into contact with the ways of seeing of the people she encountered, she also discerned phenomena in the landscapes of Aomori, which are hidden but undoubtedly form the foundations of daily life and which connect with us living in contemporary times, such as the harsh forces of nature, human induced phenomena as exemplified by traces of war and industry, and spirits that float in the air.
This exhibition showcases a new installation work that reflects this research. Related events that insist on delving deeper into Aomori will bring the program to a close. We hope that this will be an opportunity for visitors to take in the land of Aomori by looking at its landscapes.

Organized by|Aomori Contemporary Art Centre [ACAC], Aomori Public University
In Cooperation with|Aomori City Board of Education, AIRS (Artist in Residence Supporters), Art Club of Aomori Public University and so on
Supported by|THE ASAHI SHIMBUN FOUNDATION
Nominal Support|The To-o Nippo Press Co., MUTUSINPOU co., ltd., The Dairy-Tohoku Shimbun Inc., Aomori Television Broadcasting Co., Ltd., RAB Aomori Broadcasting Corporation, Asahi Broadcasting Aomori Co., Ltd., Aomori Cable Television, Aomori Fm Broadcasting, ABH (Aomori Bunka Housou), BeFM

  • MATSUMOTO Mieko 

    Photographer and artist. Matsumoto presents photographic, text, and video works based around the theme of movement in nature, humanity, and people’s daily lives. In recent years, she has launched projects such as ,There Is Something About Maison Kenpoku (2018-), sharing her research process in Ibaraki Prefecture, where she is based. She organizes and runs Maison Kenpoku, a project focused on opening spaces in the community. Her recently exhibitions include Mieko Matsumoto Photography Exhibition: I know where here is. (Guardian Garden, Tokyo, Japan, 2017), KENPOKU ART (Ibaraki, Japan, 2016).

    more

関連プログラム